更年期障害 > 更年期の基礎知識 > 更年期からは、あらたな 人生がはじまります

更年期からは、あらたな 人生がはじまります

更年期は、女性であれば誰もが通らなければならない通過点です。そうはわかっていても、なんとなく寂しい気持ちになってしまうのは、更年期に「人生のたそがれどき」のイメージかおるからでしょう。

でもはたして人生のたそがれどきなのでしょうか。人生85年の長寿の時代。40代はまだ人生の折り返し地点に立ったところです。ライフサイクルを一日の時間の流れにたとえると、更年期はランチのあとのお茶の時間。いってみれば人生の午後みたいなものです。たそがれるには早すぎます。

これまでは、子育てにあるいは仕事にと、人生を一生懸命ひた走りに走ってきたことでしょう。だから、ここでちょっと休憩を人れて自分をねぎらってあげましょう。そして、これからはじまろうとしている人生の後半を、いかに楽しく充実させていくかを考えていきましょう。

更年期のことを英語で「Charge of life」ともいうそうです。人生の午後は、これまでとは違った、新しい自分に出会えるかもしれません。

年を重ねるごとに魅カ的になる大人の女性を目ざしたいもの

40代は、女性としての自信に満ちあふれているとき。だから「閉経を迎えるなんてショックです」という声をたくさん聞きます。でも、それはあくまでも生物学的な変化にしかすぎません。「もう若くはない」と心まで老け込む必要はないのです。また、閉経したとたんに女性としての魅力がなくなってしまうものでもありません。

40代からは、これまで以土に若々しく見える人、反対に生齢以土に老けて見える人といった、外見的な差が人きくなっていきます。その差は、自分の心とからだをいかにいたわって、ケアしているかがポイントでしょう。いたずらに若さにしがみつくのではなく、さりとて「もう年だから」と居直ったりあきらめるのでもなく、自分に自信をもっている人は、魅力的に見えるものです。人人の女性としての自信をもって、美しく年齢を重ねていきましょう。

自分の健康を管理して元気にスタートを切りましよう

人生の第二ステージをいかに充実させていくか、その基本となるのが健康管理です。更年期に出てくる不調をほうっておけば、現在の生活ばかりでなく、その後の生活の質も落とします。治療すべきものはきちんと治療して、この時期に早めに不調を改善しておきましょう。

またこの時期、骨やコレステロールのことを考えなかったばかりに、のちに骨粗鬆症になって骨折したり、生活習悛病にかかる人が少なくありません。これらの病気は、これまでの好ましくない生活習慣が蓄積されて、それがエストロゲンの低下の彫響で、いっきに出てくるのです。

これから起こる病気も更年期の対処しだいで防ぐことが可能です。つらい症状が出ていなくても、婦人科検診や健康診断を積極的に受けて、自分の竹量や健康状態をしっかり把握しておくこと。同時に食事や睡眠、運動などの生活習慣を見直して、自分の健康を管理していきましょう。