更年期障害 > 検査と診断

検査と診断

骨粗鬆症や生活習慣病予防にも有効

メリット 減少する骨董に歯止めをかけます 更年期は、のぼせやほてりのような目立った症状に目を奪われがちですが、その水面下では、大きな自覚症状もないまま骨粗鬆症や動脈硬化などの慢性的な症状が進行しています。 女性の骨量は、30代半ばをピークに…

検査と診断

婦人科で行われる検査

超音波検査 子宮の大きさや卵巣の位置、大きさ、子宮筋腫や子宮内膜症の有無、卵巣の腫瘍の有無などを確認するために、超音波を発信するプローブ(探触子)をおなかの表面にあてて、その反射によって得られた画像をモニターでみます。このほか、プローブを腔…

検査と診断

婦人科での診察の流れを把握してから行きましょう

更年期による症状かどうかは問診、内診、検査で総合的に判断します この時期は、さまざまな形で現れる症状が、更年期によるものなのか、あるいはほかの病気によるものなのか鑑別することがとても大事です。婦人科の診察では、問診、内診を中心に、いくつかの…

検査と診断

「からだノート」をつくりましょう

更年期の記録ノートをつくると自分のからだのリズムがつかめます 月経が乱れたり、日によって出る不調が違ったり…更年期は、自分のからだの状態やからだのリズムがうまくつかめないことが多くなります。そこでおすすめしたいのが、月経のようすや気になる症…

検査と診断

医師と良い関係をつくるために心がけたいこと3つ

積極的に治療にかかわっていきましよう 長くお付き合いできる婦人科医をみつけたい・・・そんな希望をかなえるためには、自分のからだや病気についての知識をもって、積極的に医師とコミュニケーションをとる努力も必要です。 とくに更年期の治療は、医師と…

検査と診断

婦人科のかかりつけ医を探しましょう

婦人科受診が不調解消の早道です 頭痛がしたり、めまいが起こったり、関節の痛みや原因不明の皮膚のかゆみに悩まされたり・・・全身のあちらこちらに不調が現れてくるのが更年期。 内科や整形外科などさまざまな診療科を受診して、そのたびに医師から「から…

検査と診断