更年期障害 > 検査と診断 > 婦人科のかかりつけ医を探しましょう

婦人科のかかりつけ医を探しましょう

婦人科受診が不調解消の早道です

頭痛がしたり、めまいが起こったり、関節の痛みや原因不明の皮膚のかゆみに悩まされたり・・・全身のあちらこちらに不調が現れてくるのが更年期。

内科や整形外科などさまざまな診療科を受診して、そのたびに医師から「からだに異常はない」といわれて落ち込んだり、不安になったり。また納得がいかずに、次々と病院を渡り歩く人も少なくありません。

けれども更年期にともなうほとんどの症状は、女性ホルモンのエストロゲンの急激な低下を背景にして起こるものです。各科をいくつも受診するよりも、女性のからだをトータルにみてくれる婦人科を最初に尋ねるのが不調の解消・解決の早道です。

これからは、婦人科の「かかりつけ医」をもちましよう

婦人科といえば、妊娠、出産を扱う科とか、婦人科の病気の治療にあたる科というイメージをもつ人が多いようですが、これは婦人科の役割の一部でしかありません。女性のからだは、女性ホルモンの影響を受けて大きく変化していきますが、婦人科ではこうしたからだの変化を総合的にみて、病気の治療や症状の改善にあたります。

更年期以降は、骨粗霧症や腔の乾燥、尿失禁などさまざまなトラブルが起こってきますから、婦人科とは一生のお付き合いになります。これを機にぜひ婦人科のかかりつけ医をつくってください。自分のからだをよく知ってくれる婦人科医がいるということは、なにかと心強いものです。何度か診察を受けるうちに、ちょっとしたからだの不安や日常的な健康管理まで気軽に相談できるようになるでしょう。

女性の心とからだを丸ごとみてくれる女性外来

最近は、女性のからだと心の両面からきめこまかくみる女性外来や更年期外来などが増えています。こうした科を掲げているクリニックや病院では、婦人科で扱う病気はもちろん、皮膚科、内科、整形外科、心の問題まで、更年期に起こりやすい病気や症状に対応してくれます。

多くは、患者の話をじっくり聞いて、そこから適切な治療を行う方法をとっていますから、さまざまな症状を医師にどう伝えてよいかわからないときも、気軽に相談することができます。

更年期の症状を、いっしよに考えてくれるドクターを

病院選びの第一歩は、まず更年期の治療に力を入れている婦人科を探すことからはじまります。女性外来、更年期外来などの看板も目安になりますが、そうした看板を掲げていなくても更年期の治療、相談を行うクリニックがたくさんあります。事前に電話で問い合わせてみるとよいでしょう。

主治医を選ぶ基準は、個人の価値観や医師との相性もあって一概にはいえませんが、受診したときに「更年期に起こる不調はしかたがないことだから、がまんしなさい」といった対応をするところは、避けたほうがよさそうです。

つらい症状を緩和するための治療方針を積極的にたててくれて、患者の質問にもきちんと答えてくれる医師が理想的。いろいろな情報を集めて、自分にょいと思われるところを選びましょう。

よい医師を選ぶためのポイント

  1. 自分と相性がよく、気軽に相談しやすいか。
  2. 更年期症状のつらさや苦しさについて、わかろうとする姿勢が感じられるか。
  3. 検査の目的や病状、治療法をわかりやすく説明してくれるか。 必要に応じてほかの専門科を紹介してくれるか。