更年期障害 > 気になる不調と対策 > しみ・しわ・皮膚の乾燥

しみ・しわ・皮膚の乾燥

エストロゲンの減少と皮脂腺の働きの低下が原因

更年期になると、皮膚そのものの老化と、エストロゲンの減少のふたつが重なって、しみ、しわ、肌の乾燥などの肌トラブルが起こってきます。

エストロゲンが減少すると、皮膚の線組組織を構成しているコラーゲンの量が減ったり質的変化を起こすために、皮膚の弾力が失われます。さらに、皮膚の潤いを保つ脂肪や水分を補給する皮脂腺の働きも低下します。その結果、しわやたるみ、肌の乾燥などが生じてくるのです。

一方、ほおや目の周り、額などに薄茶色から掲色の色素沈着が起こったものをしみといいます。いちばんの原因は、やはり紫外線。ほうっておくと紫外線を浴びるたびに、数が増えたり色が濃くなってくるのでご用心! 紫外線は肌老化の原因にもなるので、紫外線対策を怠りなく。
 

しみ・しわ・皮膚の乾燥は、こんな病気のことも

皮膚の乾燥とかゆみは、内臓の病気でも生じます。腎臓病や糖尿病、肝臓の病気などでも起こる場合があるので、検査で病気がないか、確認しておきましよう。

しみ・しわ・皮膚の乾燥をこうして治療

皮膚の乾燥は、症状が強い場合には皮膚科に相談しましょう。

一般に、HRT(ホルモン補充療法)を受けている女性は、しわやたるみといった皮膚のトラブルが少ないといわれます。しかし、皮膚の老化予防だけを目的としたホルモン補充の治俗は、行われていません。

今日からできる しみ・しわ・皮膚の乾燥のセルフケア

更年期に現れる皮膚のトラブルは、加齢による皮膚組織の変化が深く関係しているため、予防やケアはむずかしいもの。しかし、なにもしなければ肌の衰えは進行するばかりです。若々しく健康な肌を保つには、努力と手間を惜しまないことです。

スキンケアは保温が大切

顔もからだも、それぞれの部位にあった保湿ケアを行って乾燥を防ぎましょう。入浴のしかたなどにも工夫が必要です。

からだの内面を充実させて

睡眠を十分にとり、コンディションをよりよく保ちましょう。ストレスをためない、バランスのよい食事を心がけるなど、規則正しい生活を基本に、からだの内面から健康な肌づくりに取り組むことが大切です。

肌をしっかりガードして

強い紫外線や寒風にさらされるのも、肌の老化を早める一因になります。帽子や日傘、紫外線予防効果のある化粧品をじょうずに利用しましょう。紫外線は、木陰や軒下にも届いています。また晴れた日ばかりではなく、雨の日や曇りの日も降り注いでいるので注意しましょう。

たばこも血行を阻害し、肌の老化を早めます。禁煙に努めましょう。

肌にいい栄養分を取り入れてバランスのとれた食卓を

ビタミンC
色素沈着を防ぎ、できたしみを薄くする
(ブロッコリ一、芽キャベツなど)
βカロテン
紫外線で発生した活性酸素を早く消去する
(カボチャ、小松菜、春菊、にんじん、ほうれん草など)
ビタミンE
皮膚細胞膜の酸化を防ぐ
(カボチャ、うなぎ、ピーナツなど)
タンパク質
新しい皮膚細胞をつくる
(肉、魚、豆腐、納豆、チーズなど)
ビタミンA
皮膚の形成を促す
(レバー、小松菜、にんじんなど)