更年期障害 > 気になる不調と対策 > のぼせ・ほてり・多汗

のぼせ・ほてり・多汗

急に汗が出てきて眠れなくなることも

更年期の症状の訴えでもっとも多いのが、のぼせやほてり、多汗です。昼夜に関係なく、突然起こりますが、人に会うなどの緊張感がきっかけで起こることもあります。中には、いつ症状が現れるか心配で、外出や人前に出るのがおっくうになってしまう人もいるようです。

また、夜中になると急にたくさん汗をかくために熟睡できず、睡眠不足からイライラが昂じるなど、日常生活に支障をきたすケースも少なくありません。

血管の収縮・拡張の調節がうつまくいかなくなるのが原因

更年期になると、日によって、あるいは1日に数回、エストロゲンの分泌が急上昇したり急降下したりします。この急激な変動に影響を受けて自律神経が乱れるために、のぼせやほてり、多汗といった症状が生じてくると考えられています。

本来、自律神経には、血管を拡張させて放熱したり、逆に血管を収縮させて熱が逃げるのを防いで、体温をいつも一定に保とうとする働きがあります。そのため、自律神経が乱れると、血管の拡張と収縮の調節がスムーズにいかなくなります。一時的に血管が拡張すれば、のぼせやほてり、多汗などが起こり、逆に末端の血管が収縮して血液の循環が悪くなれば、冷えの症状が起こってくるのです。

こんな病気が原因のとこも

ほてりやのぼせは高血圧や心臓疾患が原因で、多汗は甲状腺機能几進症が原因で起こることもあります。甲状腺
機能充進症は、甲状腺から甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。初期には、多汗や動悸、頻脈など、更年
期の症状とよく似た症状が多いので、注意が必要です。

これらの症状のほかに、ダイエットをしているわけではないのにだんだんやせてきたといった症状が出てきたら、
受診して原因を確かめておいたほうがよいでしょう。

こうして治療

いわゆる更生期の症状としてののぼせやほてりは、病気ではありませんが、つらいものです。日常生活に支障が出てきたり気になるときは、婦人科や女性外来などで相談しましょう。HRT余ルモン補充療法)や漢方療法、自律神経調整剤などを用いた治療が行われます。

今日からできるセルフケア

気にしすぎないようにする

ほてりやのぼせは、本人にとっては恥ずかしいことでも、周りの人にとってはほとんどわからないもの。気にしすぎないで。

思いきつて口に出すと気持ちがラクに

人前で汗をかいたとき、恥ずかしかって緊張すると、よけいに自律神経が乱れて汗が出ます。「私は汗かきで…」と思いきっていってしまったほうが気持ちがラクになりからだの緊張もとけます。また落ち着きのないようすをみせるよりも「お見苦しくて申し訳ございません」とひとこと添えて汗を拭くほうがスマートな対応でしょう。

汗対策を万全に

外出の際は、吸湿性のある大きめのハンカチを何枚も用意しておくなど、汗をかいたときの準備を忘れずに。準備を万全にしておくと、それが安心感につながるので、汗が出にくくなったりします。