更年期障害 > 気になる不調と対策 > むくみ・静脈瘤

むくみ・静脈瘤

体液の循環が悪くなるとむくみが起きやすくなります

加齢とともに、血液やリンパ液など体液の循環が悪くなりますが、更年期以降ではこれに自律神経の働きの乱れが加わるため、体液が滞って、からだがむくみやすい状態になります。顔がむくんだり、脚がふくらんだ感じになったりと、症状はいろいろですが、立ちっぱなしで仕事をしたり、睡眠不足や過労ぎみだと、よけいにむくみやすくなります。

ただし、むくんでも横になれば治る、翌朝には解消されるという場合は、生理的なむくみなので心配する必要はありません。

しかし、むくんだ状態が長く続いたり、すねの骨の上を指で押すとへこみ、指の跡が残ってなかなかもとに戻らない、尿の出が悪い、尿量が少ない、などの症状をともなう場合は、心臓病や腎臓病などが疑われます。早めに内科を受診しましょう。

血液がたまると静脈瘤に。自覚症状は痛みとだるさ

静脈の一部が盛り上がり、瘤のようにふくれるのを「静脈瘤」と呼びます。血液の循環が悪くなるのが原因です。おもに脚のふくらはぎにみられます。血液は、からだのすみずみに酸素や栄養を運んでから、全身に張りめぐらされた静脈を通って、心臓に戻ります。静脈には随所に弁があって、血液の逆流を防いでいますが、この弁が故障したり、働きが悪くなると、血液が逆流して脚の皮膚のすぐ下を走っている静脈にたまって、ふくれ上がるのです。

静脈瘤は、見た目の悪さだけでなく、瘤ができた部分に痛みを感じたり、下肢がだるくなったり、ひんぱんに脚がつるなどの不快な症状もともないます。またかゆみもあるので、掻きすぎて皮膚炎を起こし、その皮膚炎による湿疹が潰瘍に移行することがあります。

静脈瘤は、長時間、立ち仕事をする職業の人に多く見られます。立ちっぱなしだと、血液が下肢にたまり、たまったに血液の圧力が静脈壁にかかって、静脈瘤を引き起こすことになるからです。生まれつき静脈壁が弱い人なども、血管が拡張しやすく、静脈瘤ができやすいといえます。

むくみ・静脈瘤をこうして治療

軽いむくみは、マッサージや軽い体操をして、末梢から心臓に向かってに血液の循環を促すと解消します。

静脈瘤ができた場合は、ほうっておくと症状がすすみ、湿疹や潰瘍、疼痛を起こしたりするので、いめに外科あるいは皮膚科を受診しましょう。静脈瘤に潰瘍を起こしたり、痛みが激しいときには、瘤ができている部分の静脈を部分的に抜き去る手術が行われます。静脈は、部分的に切除しても、自然にバイパスができたり、ほかの静脈が代わって働くので心配はありません。

今日からできる むくみ・静脈瘤をセルフケア

血液の循環をよくして

適度な運動やマッサージで血行をよくします。マッサージは、脚をつま先から太ももにかけて下から上にへとやさしく。

脚を高くして休む

立ち仕事をする人は、休憩時問にはイスなどに脚を乗せ、脚を高くすると効果的。寝るときも、脚の下に座布団などをあてて。

生活を改善する

水分の摂りすぎ、深酒、冷え、睡眠不足や疲労、きつい下着をつける、といったこともむくみの原因になるので気をつけます。

専用グッズの助けを借りる

朝から脚がむくみ、静脈瘤がくっきりと浮き出ているようなときは、医療用の「弾性ストッキング」をはくと、症状がやわらぎます。市販品もありますが、症状にあった強さのものを使うことが大切なので、医師に相談して購入しましょう。