めまい

からだがフワフワ浮いているように感じる

めまいは、もともと女性に多くみられる症状ですが、更年期になると、めまいを訴える女性はさらに増えます。

壁や天井がクルクル回るように感じる「回転性のめまい」と、からだがフワフワ浮いているような、あるいは揺れているように感じる「浮動性のめまい」があり、更年期に多いのは、後者の浮動性のめまいです。おもな原因は、自目律神経の乱れによるもので、疲労や睡眠不足、精神的ストレスなどが引き金になったりします。更年期では脳の動脈便化かすすみ、血液の流れが悪くなることも一因。症状が強くなければ、とくに治療の必要はありません。時期がくれば、たいていは自然におさまってきます。

めまい は、こんな病気が原因のことも

メニエール病や内耳の病気でも現れます。その疑いがある場合は耳鼻科を受診しますが、できれば専門のめまい外来などがよいでしょう。高血圧症や脳腫瘍、脳梗塞でも現れるので注意を。

こうして目まいを治療

ほかに病気がなく、更年期の症状としてのめまいであれば、ストレスなどわかっている原因を取り除くことを基本にしながら、精神安定剤や自律神経訓整剤、抗めまい薬、漢方薬などによる治療が行われます。

メニエール病とは?

耳鳴りや難聴をともなっためまい発作が突然起こります。短い場合は数十分、長い場合
は数時間続きます。一度の発作で終わる人もいれば、繰り返す人もいますが、再発するたびに、聴覚と平衡感覚が低下していくのが特徴です。

めまいが起きたら落ち着いて安静に

めまいが起きているあいだは、イスに腰かけるか、横になるなど安静にしておさまるのを待ちます。浮動性のめまいは、からだの位置を急に変えたときに起こりやすいので、立ち上がる際にはゆっくりと。日ごろから軽い運動を心がけるなどして、からだの位置を変えることに対応できるよう、からだを慣らしておくことも大切です。