ドライマウス

口が乾く、舌が痛む、話しづらい。更年期から急増するドライマウス

口の中は、いつも唾液が出て潤っています。その唾液の分泌量が減少して、口が乾ききってしまった状態がドライマウスです。

舌や歯茎、ほおの内側の粘膜も唾液によって保護されているので、口の中が乾くと、歯と舌などがこすれて小さな傷がたくさんできて、舌がピリピリ痛くなってきます。

また唾液が少ないために、食べ物が飲み込みにくくなったり、発音がしにくくなったりします。食べ物の味は、味の成分が唾液にとけてはじめて感じられるものなので、唾液が少ないと、食べ物の味もわかりづらくなり「なにを食べてもおいしくない」などと、日常生活の中でさまざまな支障が生じてきます。

さらに唾液には、口の中の抗菌作用、自浄作用がありますから、ドライマウスになると、口臭がひどくなったり、虫歯や歯周病にもかかりやすくなります。

唾液は年齢とともに分泌量が減ってくるものですが、とくに更年期からは、女性ホルモンの分泌が低下することによっても、口の中が乾いてきます。そのため、ドライマウスは更年期以降の女性に多く、50歳以上になると急に増えてきます。

ドライマウス チェック

ひとつでもあてはまる人は、専門外来を受診しましょう。

  • 口が乾く
  • つばが出ない
  • 舌やくちびるがピリピリ痛む
  • 口の中がネバネバする
  • 話しづらい
  • 味がよくわからない
  • 乾いた食べ物が食べづらい
  • 急に虫歯が増えた
  • 口臭が気になる
  • 一日中水分を補給している

いつまでも悩まずに腔乾燥外来を受診して

ドライマウスは、日本ではまだ認知度が低いのが現状です。そのために、内科や歯科などあちこちの科を受診しても、「もう年だから」といわれて、不快な症状に悩み続ける人が少なくおりません。

しかし最近は、歯科日腔外科にドライマウスの専門外来である口腔乾燥外来を設ける病院ができてきました。また、歯科でもドライマウス女性専用外米のあるクリニックもありますから、がまんすることはありません。インターネットなどで検索して、こうしたドライマウスの厚門科を受診するとよいでしょう。

ドライマウスは、こんな病気が原因のことも

降圧剤や向精神薬など、薬の副作用で□の中が乾いたり、がんの放射線治療によって、唾液腺が破壊されてドライマウスが起こることがあります。

さらに、糖尿病や甲状腺の病気、シェーグレン症候群などが背景にある場合もあるの
で、注意が必要です。ドライマウスが気になるときは、受診して病気のチェックをしておきましよう。

またストレスの多い不規則な生活、よく噛まない食生活などの影響で唾液の分泌量が減ってくることがあります。

ドライマウスをこうして治療

病気が原因でドライマウスが起こっている場合は、まずその病気を治療することが先決です。
ドライマウスの治療法としては、口の乾燥や痛み、日内炎などに対しては、目の中の粘膜を修復する働きのあるうがい薬や、唖液に近い成分を配合した保湿シェルや保湿スプレーを使って、口に潤いを与えます。

唾液の分泌附加極端に減るシェーグレン症候計の場合は、塩酸セビメリンという内服薬を処方して、唾液の分旨を増やします。

なお、ガムを噛むことは、唾液の分泌を促します。口の中の乾燥が気になる人はじょうずに使うとよいでしょう。

今日からできる ドライマウスのセルフケア

リラックスタイムをもつ

ストレスで緊張が高まると、唾液の分泌が低下することがわかっています。ティータイムやバスタイムなど、ほっとできる時間をつくりましょう。心を鎮める作用のあるジャスミンティーなどはおすすめです。

たばこを吸っている人は まず禁煙

たばこに含まれるニコチンは、口の中の粘膜を荒らしたり、ドライマウスによる歯周病を悪化させる原因になります。

やわらかいものばかり食べない

パサパサしたものが食べにくいからと、噛まないですむおかゆのようなものばかり食べていると、ますます唾液が出にくくなります。また栄養のかたよりが心配です。少量ずつでいいから、いろいろな食品をゆっくり噛んで食べるようにしましょう。

規則正しい生活を心がける

起きているときに比べて横になっているときは、唾液の分泌が少なくなります。からだの調子がいいときは、できるだけ起きてメリハリのある生活を心がけましょう。

部屋の湿度に気を配る

冷・暖房を使う夏と冬は、とくに室内が乾燥しないように気をつけましょう。

就寝前に、保温ケア

就寝中はほとんど唾液が出ないので、目覚めたときに口の乾燥感が強くなったり、口臭が気になります。専用の保湿シェルなどを舌に塗って寝るとラクになります。

3か月に1回は歯石の除去を

ドライマウスの人は、よく歯を磨いていても、虫歯や歯周病になりやすいので、歯石の除去など口腔ケアが欠かせません。