冷え性

若いときに冷え症たった人ほど症状が強くなる傾向が

手足や腰の冷えは、女性に多くみられる症状ですが、一説によると、思春期以降の女性の半数は、冷えの悩みを抱えているといわれます。

更年期になると、冷えを訴えるケースがさらに増えてくるわけですが、ほてりやのぼせをともなうことが多いのが特徴です。また一般に、若いときから冷え症で悩んでいた人ほど、更生期に入って、症状が強くなる傾向かあります。

前項の「のぼせ・ほてり・多汗」と同じように、自律神経の失調がおもな原因です。その結果、末梢の血管が必要以上に収縮し、血液の循環が悪くなるために起こります。

こんな病気が原因のことも

貧血や低血圧、心臓病、甲状腺機能低下症などが原因となって冷えが生じることもあります。

また、レイノー病による冷えもあります。これは、寒冷にさらされたり、精神的な緊張がきっかけとなって、一
時的に手足の血行障害を起こすもので、比較的やせた女性に多くみられます。

こうして冷え性を治療

冷えそのものは、病気というわけではありませんが、頭痛や肩こり、下痢、腰痛、不眠、肌あれ、月経痛、月経不順などの症状を引き起こします。また、冷えが膀胱炎や関節リウマチなどの病気につながることもあります。

たかが冷えとがまんをせずに、積極的にセルフケアを行って、冷えを改善していきましょう。症状が強くてつらい場合は、婦人科を受診しましょう。

治療は、自律神経調幣剤やビタミンE剤の投与、HRT(ホルモン補充原法)、漢方療法などが行われます。

今日からできるセルフケア

①こまめにからだを動かす

全身の血行をよくして、新陳代謝を活発にすることが大切です。日常生活では、適度な運動を欠かさないように。運動をする時間がなくても、駅まで歩く、エレペーターは避けて階段を土るといった、こまめにからだを動かす工夫を習慣づけるだけでも効果があります。

②野菜はからだをあたためる種類を選ぶ

食生活では、不足すると血行が悪くなるビタミンEや鉄分を豊富に含む食品を多く摂ります。ビタミンEは植物油や野菜に、鉄分はレバーやほうれん草などに多く含まれています。またからだを冷やす果物や生野菜は控え、にらやにんにく、ねぎなど、からだをあたためる野菜を多く摂りましょう。

③入浴と足浴が効きめ大

夏でも、バスタブにつかってからだをあたため、血行を促します。ぬるめのお湯にみぞおちまで入り、ゆっくりつかる半身浴なら、からだが芯からホカホカしてきて効果的です。また、熱めのお湯に足だけつかる足浴もおすすめ。服を着たまま気軽にできて、からだ全体があたたまります。

④衣類にもひと工夫して

からだを締めつけると血行が悪くなるので、きつい下着や衣服は避け、からだに心地よくフィットしたデザインのものを選びます。血行を促す効果のある、遠赤外線を利用した靴下や下着なども市販されているので、試してみるのもよいでしょう。また、ふくらはぎを締めつけるようなロングブーツや、かかとの高い靴なども、血行を悪くするので気をつけて。

バケツや洗面器に熱めのお湯をはり、足だけをあたためる足浴が効きます。冬の寒い日にも、夏の冷房でからだが冷えたときにも。