更年期障害 > 気になる不調と対策 > 尿もれ・尿失禁

尿もれ・尿失禁

更年期女性の3人にひとりは悩んでいるというデータも

自分の意思に反して勝手に尿がもれてしまうことを、尿もれ、あるいは尿失禁といい、40~50代の女性の3人にひとりは尿もれ・尿失禁に悩んでいるともいわれます。

脳の病気や神経の病気でも起こりますが、更年期の女性にみられるもののほとんどは、笑ったり、くしゃみをしたり、重い荷物を持ち土げるなどしておなかに力が入ったときに尿がもれる、「腹圧性尿失禁」(緊張性失禁)と呼ばれるものです。腹圧性尿失禁についで多いのが、「切迫性尿失禁」。尿意を感じてトイレに行くものの、がまんできずに途中でもらしてしまうものです。

膀胱を支える筋肉が弱ってくることが原因

腹圧性尿失禁は、骨盤内にある膀胱や子宮などを支える筋肉(骨盤底筋群)が弱くなることが原因で起こります。この筋肉は加齢とともに弱くなりますが、更年期になると、肥満や閉経などによる女性ホルモンの分泌低下によってさらに弱くなるのです。

切迫性尿失禁は、加齢だけでなく、脳出血や脳梗塞の後遺症などで起こることもありますが、原因不明のこともあります。

いずれにしても、日常生活に支障をきたすようであれば、一度、泌尿器科を受診してみましょう。

腹圧性尿失禁の場合は、弱った骨盤庭筋

筋力を鍛える体操を行います。尿道や肛門、膣周囲の筋肉をゆるめたり締めたりする運動で、軽い尿失禁なら、このトレーニングで改善できます。

また、HRT(ホルモン補充療法)や漢方療法も有効です。筋肉の働きを強める尿失禁治療薬などが用いられることもあり、症状が重く治療効果が得られないときは、手術が行われることもあります。手術はTVT手術と呼ばれるもので、特殊なテープを使って尿道を後面から支える手術です。おなかに力が入ったときに尿道を閉じる効果があります。

切迫性尿失禁の場合は、膀胱の過活動を抑える薬などが用いられます。

骨盤底筋体操

基本動作

  1. 全身のガを抜き肛門と腔を10秒間締めるんだ途中でカが抜けたらまた締め直すわと引き上げる感じにするのがコツ。おなかや足腰にカが入らないように注意
  2. 肛門と腔の力を抜いて数10秒リラックスする。
  3. 1と2を10回繰り返す

イスに座って

イスに座って背筋を伸ばし、両足は肩幅に開いて行う。

テーブルにもたれて

足を肩幅に開してテ一ブルの前に立つ。両手も肩幅に広げてテーブルにつき、腕に体重をかけて行う。

あお向けになって

両足を肩幅に開き、両膝を軽く立てて行う。

今日からできる 尿漏れのセルフケア

外出時には専用グッズを携帯

失禁に備え、外出時は下着などの替えを持って出かけると安心です。市販の失禁用下着やパッドなども利用してみましょう。ただし、皮膚が薄くなっている更年期以降は、こすれて皮膚に細かい傷がついたり、かぶれや湿疹を起こすことも。表面がやわらかなタイプを選ぶようにしましょう。

毎日体操を続ける

骨盤底筋体操を、できるときにできる姿勢で、1日に3~5回くらいに分けて行います。最初は、あお向けの姿勢がやりやすいでしょう。慣れてイスに座った姿勢でもできるようになったら、電車の中やテレビを見ながらこまめにやってみましょう。3か月は続けて、効果が現れない場合は、泌尿器科か婦人科に相談を。