手足のしびれ

エストロゲンの減少で皮膚が薄くなり神経過敏な状態に

更年期の意外な症状のひとつに、知覚の異常があります。

手足がしびれたり、皮膚の表面が強い日ざしを浴びたときのようにぴりぴりしたり、アリでもはっているような不快な感じ(蟻走感)におそわれるものです。人によってはしびれというよりは、手足の感党がいままでとなんとなく違う、鈍くなったような気がする、といった違和感として現れることもあるようです。

女性ホルモンのエストロゲンには、皮膚のハリを保つ働きがあります。更生期になってエストロゲンが減少すると、老化が進んで皮膚が薄くなり、皮脂も水分も減って皮膚が乾燥しやすくなります。皮膚が薄く皮脂も少なくなると、皮膚の弾力がなくなるだけでなく、刺激も受けやすくなるわけです。そのため、ほんのささいな刺激にも反応し、しびれのように感じたりするのです。自律神経の乱れも、こうした感党の異常に関係していると考えられています。

こんな病気が原因のことも

頚椎や腰椎の変形からしびれやまひが起こったり、関節リウマチなどのために手足、とくに指先のこわばりや感覚異常を起こしている場合もあります。また、脳の病気が原因で手足のしびれが起こることも。症状が強くなったり長引くようであれば、受診してこれらの病気が隠れていないか、確かめておきましよう。

こうして手足のしびれを治療

不意に手足のしびれや蟻走感におそわれると、神経に異常が起きたかとびっくりするかもしれませんが、更生期の症状であれば心配いりません。

ただし、症状が強く気になる場合は、婦人科や整形外科、神経内科を受診しましょう。治療は、自立神経調整剤や精神安定剤、漢方薬などが用いられ、HRT(ホルモン補充療法)なども行われます。

不安や心理的な葛藤などが引き金になっていることもあり、その場合は、カウンセリングなどが必要になります。

今日からできる 手足の痺れのセルフケア

からだを動かして血行を促す

血液の循環が悪くなると症状加山やすくなります。運動を心がけて血行を促します。早足の散歩、水泳、水中ウォークなどの全身運動が効果的。

マッサージもおすすめ

ぬるめのお湯にゆっくりつかってからだをあたためたり、しびれが生じている皮膚の部分をマッサージすると血行がよくなり、症状がやわらぎます。

ビタミンB群、ビタミンC、Eが必要

バランスのよい食事が大切です。とくに血行を改善する働きのあるビタミンB群(牛・豚・鶏肉など)、血管を丈夫に保つビタミンC(ブロッコリー、芽キャベツ、キウイ、いちごなど)、ホルモンの代謝を活発にするビタミンE(カボチャ、うなぎなど)を積極的に摂るようにします。

中でもレバーやいわしなどに多く含まれているビタミン13 には、神経の過度の反応を調整する作用があります。

血液の循環が悪くなると症状が出やすいので、運動やマッサージ、食事で血行を促すようにします。食事はビタミンB群、ビタミンC、Eを意識して摂りましょう。