更年期障害 > 気になる不調と対策 > 月経不順・閉経

月経不順・閉経

卵巣機能の低下により月経不順から閉経に

月経の正常な周期は、ふつう25日~38日。この範囲で6日ぐらいのずれは正常の範囲ですが、更年期になると24日以下の短い周期で何回も月経が起こったり(頻発月経)、周期が39日以上もあく(稀発月経)など、月経周期が乱れてきます。

また、月経量が増える過多月経や、逆に月経量が極端に少ない過少月経が起こったり、月によって量が多くなったり少なくなったりする人もいます。

やがて無月経となり、閉経を迎えます。一般に1年以土たっても次の月経がこない状態になったら閉経とみなします。

月経不順、不正出血に病気が隠れていることも

なお更年期には、ホルモンバランスの乱れから、月経前に少量の出血があったり、月経後もだらだらと出血が続くといった月経以外の出血も起こってきます。ホルモンのアンバランスで起こる機能性出血は、やがて自然になくなることが多いのですが、子宮や卵巣の病気が原因で不正出血(器質性出血)が起きていることもあります。

こんな病気の原因のことも

月経不順も不正出血も病気が原因で起こるケースが少なくありません。更年期だからとほうっておくと、病気を見逃すおそれがあります。必ず婦人科を受診して、検査を受けてください。出血中でもかまいません。ためらわずに早めの受診が大切です。少量の出血がある場合は、子宮頚がん、子宮頚管ポリープ、腔炎、腔部びらんなどの可能性があります。とくに閉経前後に、HRT(ホルモン補充療法)を受けていないのに不正出血がある場合は、子宮体がんが心配です。

こうした治療

卵巣機能の低下で起こる月経不順や機能性出血は、からだの自然な変化ですから、特別な治療はいりません。しかし、女性ホルモンは、女性にとっては健康を守る潤滑油のようなものですから、閉経前のこの時期は、低用量ピルを使って女性ホルモンを補うのもひとつの方法。低用量ピルを飲んでいれば、妊娠の心配もなく、きちんと月経がくるようになり、更生期による症状の治療にも有効です。

なお、月経周期が短い頻発月経や、月経量が多い過多月経では、出血量が多くなるためにひどい貧血を起こすこともあります。動悸や息切れを更生期の症状だと思っていたら、貧血が原囚であることも少なくありません。貧血がひどい場合は、原因治療とともに鉄剤の服用などの治療も必要です。

月経が乱れるこの時期は避妊に注意しましょう

更年期に入ると、避妊を解除してしまう人がいますが、月経があるおいたは妊娠の可能性はゼロではありません。

卵巣機能が衰えているから妊娠はしないだろうと、油断していると思わぬ妊娠をしてしまうことがあります。閉経が確認されるまでは、きちんと避妊をすることをおすすめします。

ここ数年のおいた、低用量ピル、銅付加IUD(子宮内避妊具。従来のプラステックのみのIUDに比べて避妊率が高い)など、女性主導の避妊方法が増えています。婦人科に相談してみましょう。