更年期障害 > 気になる不調と対策 > 疲労感・倦怠感

疲労感・倦怠感

疲れがなかなかとれず仕事に支障をきたすことも

激しい運動をしたり、根をつめて仕事をしたあとの強い疲労感や倦怠感は、休息をとったり眠ることで解消できるものです。疲れがとれれば、爽快な気分にひたれます。これに対して、更生期特有の疲労感・倦怠感は、程度は軽くても自覚症状が続きます。1日の疲れがなかなかとれない、とくに疲れたことをしたわけではないのにからだがだるい、おっくうでなにもする気になれない、といった症状です。以前ほどの気力が出なくて、スタミナがなくなったことを実感するようにもなります。

仕事をもつ女性などは、思うように仕事がこなせないことから、自信をなくしたり、うつ状態に陥ることもあるようです。

一時的にホルモンのバランスが崩れて起こる

更生期の女性の約7割が疲労感・倦怠感に悩まされているといわれます。これらの症状は、ホルモンや自律神経の一時的な変
調を調整しようとして、からだ全体が反応して無理をした結果なのです。

このようなときは、いまはスローペースで過ごす時期と割りきり、あせらず無理をしないように。。過性ですから「時期がくれば、からだも心もまた元気になる」と、気長に気楽に構えましょう。

疲労感・倦怠感は、こんな病気が原因のことも

疲労感や倦怠感は、貧血や内臓の病気、甲状腺の病気、うつ病などでもみられます。病気が隠れていないか検査を受けましょう。検査で病気が見当たらない場合は、更年期によるものと考えてよいでしょう。

こうして疲労感・倦怠感を治療

どうしても症状がよくならない場合は、婦人科に相談をしてみましょう。自律神経調整剤や精神安定剤を用いたり、HRT(ホルモン補充療法)、漢方療法などが行われます。場合によっては、カウンセリングが必要になるかもしれません。

今日からできるセルフケア

生活リズムを整えて

十分な睡眠を確保します。疲れやすい状態であることを家族にも伝え、夜は、できるだけ決まった時間に寝るようにして、体調を整えましょう。

仕事量は少なめに、こまめに休んで

仕事も家事も、1日にこなす量をいままでより少なめにし、ゆとりをもたせたスケジュールに。疲れは更年期の症状を強くします。「甘えてはいけない」とがんばらずに、こまめに休むようにしましょう。

なにもかもひとりで背負い込まない

ほかの人の手にゆだねられるところはゆだね、なにもかも自分ひとりで背負い込まなければいけないような環境を、少しずつ変えていくことも大切です。

からだを動かす

疲れがとれないからといって、ゴロゴロしているのではなく、こういうときは、むしろからだを動かすほうが、気分がすっきりするものです。手軽にできるウォーキングなど、長続きする自分にあった運動をみつけましょう。