更年期障害 > 気になる不調と対策 > 眼精疲労・老眼

眼精疲労・老眼

目が疲れやすく小さな活字がみえにくくなったら、老眼のはじまり

40歳を過ぎるころからはじまる目の老化が老眼です。老眼は、近くをみるときにピントをあわせるための水晶体が老化により弾力を失い、調節力が衰えて起こるもので、近くがみえにくくなってきて老眼のはじまりに気づく人も多いようです。

40代前半では、疲れ目が続いて、以前に比べて近くのものがみえにくいといった程度でしょう。このころはまだ、小さな文字を読もうと思えば読めます。しかし、45歳ころからは目の老化がすすんで、小さな文字がだんだん読めなくなってきます。こうなると老眼鏡は必ず必要になります。

がんこな頭痛や肩こりは老眼が原因であることも

まだ若いから老眼鏡など必要ない、と無理をしていると、肩こり、頭痛などがひどくなってきます。これは、文字がみえづらいために無理な姿勢をとっていることも大きな原因。目の調節があわないまま近くをみる作業を続けていると、目やからだに疲れがたまって疲労感がなかなかとれません。

更年期の症状だと思っていた頭痛や肩こりが、老眼が原因で起こっている場合も少なくありません。更年期からは、緑内障など、目の成人病と呼ばれる病気も増えてきます。40代になったら、眼科を受診してきちんと視力検査を受けることをおすすめします。

眼精疲労.老眼は、こんな病気が原因のことも 

疲れ目はドライアイが原因で起こることがあります。さらにドライアイには、自己免疫疾患であるシェーグレン症候群が隠れていることも。また、老眼だろうとほうっておいたら、緑内障が進行してしまったケースもあるので注意が必要です。

遠近両用のコンタクトレンズ

めがねをかけたことがない人は、老眼鏡をかけずに遠近両用コンタクトレンズを使いた
いと考えることが多いのでは? でも若いころと比べて、涙液が減少するなど目のコンディションが悪くなっていますから、コンタクトレンズ初心者は、目のトラブルを起こしがち。まずは、めがねをかけてください。

眼科検診を受けて、老服用や遠近両用など辿正なめがねをかけましょう。

近視の人は、遠近両用めがねのほかにも、中距離と近距離だけにしぼった中近両用、遠距離と中距離にしぼった遠中両用などいくつかの組み合わせがあります。デスクワークで書類をみたりパソコン作業をすることが多い人は、中近両用めがねが使いやすい場合もあります。自分のニーズにあわせてめがねをつくるとよいでしょう。

なお老眼は、60成ころまで比較的いく進行し、およそ2~3生でレンズの度数が変わりますから、老眼の進行中は、何度かレンズを変える必要があります。

使っている老眼鏡がみえにくくなったら、検眼をして新しい老眼鏡に替えましょう。老眼は、60歳を過ぎると度のすすみ方も遅くなり、75歳くらいでほとんどすすまなくなります。

老眼鏡をかけないでいると、眉間などの表情じわの原因に

これまで視力に自信加あった人ほど、老眼を自覚するとショックを受けるようです。美容土の理由から、めがねをかけたがらない人もいますが、裸眼で近くをみようとすると、どうしても目を細めたり、眉間にしわをよせたりすることになります。ふだん無意識にやっているこうした表情が、眉間の表情じわとなって刻まれていきます。また顔をしかめてものをみるようすは、はたからみても魅力的とはいえません。

それより、めがねをかけてレストランのメニューや時刻表をすっきりみたほうが魅力的。おしゃれなめがねが増えていますから、ファッションのひとつとして取り入れてみましょう。