肥満

基礎代謝が衰えていままで以上に太りやすくなります

更年期ころから急に太り出す女性が増えてきます。その最大の原因は、やはり「食べすぎ」にあるといえそうです。

じっと横になっていても消費するエネルギーを基礎代謝量といいますが、この基礎代謝量は、加齢とともに少なくなります。

しかも若いころと比べて運動量も減ってきますから、それまでと同じ量だけ食べていれば、エネルギーが供給過剰になって、体重増加や肥満をまねくのです。

更年期につきやすい内臓脂肪は生活習慣病の原因に

とくに、この時期から注意したいのが、内臓のまわりにつく内臓脂肪です。更年期になっておなかが二段、三段腹になってきた、ウエストまわりがきつくなってきたという人は、内臓脂肪がついているのでご用心。体脂肪のうち、この内臓脂肪が多いと糖尿病や高血圧症、狭心症、心筋梗塞、動脈硬化などの生活習慣病の原因になることがわかっています。

ダイエットの第一歩は、まず自分の適正体重をBMIなどで知ること。また、体脂肪率もしっかりチエックしておきましょう。標準範囲を超えている人は、1か月に2㎏程度の減量を目標にして、食事と運動の2本柱で、じょうずにダイエットをしていきましょう。