肩こり

がんこな肩こりに悩まされる人が増えてきます

更年期はがんこな肩こりに悩まされる人が少なくありません。また、これまで肩こり知らずだった人にも肩こりが出てくるようです。これは、首や肩の筋肉が衰えてきたことが一因ですが、女性ホルモンの急激な減少により自律神経が乱れて、血液循環が悪くなることもあげられます。

肩こりは、こんな病気が原因のことも

眼精疲労や老眼が原因であることも多いものです。新聞の文字がかすむようなら眼科を受診しましよう。二屑関節周囲炎や頚椎の病気、高血圧症、心筋梗塞などの病気の症状として起こる肩こりも。がんこな肩こりが続いたり、ひんぱんに起こる場合は整形外科を、肩こり以外の自覚症状もあるときは内科を受診しましよう。

今日からできる肩こりのセルフケア

蒸しタオルやホットパックで肩をあたためたり、入浴をしたり、肩こり体操などで筋肉の緊張をほぐして、血液の循環をよくすることが治療や予防にも役立ちます。血行をよくするために、日常生活の中でも、からだをよく動かすよう
に心がけましょう。