腰痛・背痛

閉経以降に起こる腰痛や背痛は骨粗鬆症チェックを

腰や背中の痛みを訴える人は、姿勢が訪い、ハイヒールを履く、肥満傾向にあるなど、腰に慢性的な負担をかけていることが少なくありません。とくに更年期世代からは骨や軟骨などの老化や腹筋、背筋などが衰えるために、腰痛や背痛が起こりがち。女性ホルモンの減少により、血液循環が悪くなっていることも症状を進行させる一因です。閉経以降はが原因のこともあります。腰痛や背痛が起きたら、骨粗鬆症チェックは欠かせません。

こんな病気が原因のことも

背中の痛みは肺や胃腸、胆臓など内臓の病気で起こることも。腰痛は、子宮筋腫や卵巣の病気で起こる場合もありますが、脊椎の変形で神経の一部が圧迫されて起こる場合が多くを占めます。姿勢や動作で痛みが変化する場合は、整形外科を受診してください。

今日からできる 腰痛・背通のセルフケア

肥満を解消し、同じ姿勢を長時間続けない、中腰の姿勢をなるべくとらないなど、腰に負担をかけない生活を心がけてください。腰を冷やさないことも大切です。腰痛体操も日課にしましょう。

腰痛体操

あお向けに寝て、両膝を抱えておへそをのぞき込むようにして20秒程度静止。背中からお尻にかけての筋肉を仲ばすストレッチ。

あお向けに寝て両膝を立てる。両手を頭の後ろで組み、おへそをのぞき込むようにして床から肩を少し隠し20秒程度静止。腹筋の運動。

ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰は安静が回復を早めるといわれますが、最近では、骨や椎間板などに損傷がない場合は、安静の効果がないことがわかっています。鎮痛剤などで痛みを緩和しながら、からだを動かす指導が行われるようになりました。