更年期障害 > 気になる不調と対策 > 膣の乾燥感・性交痛

膣の乾燥感・性交痛

腔や性器の変化にともなって症状が現れます

皮膚のハリや、みずみずしさを保っているのはエストロゲンの作用です。更年期に入ってエストロゲンが減少すると、皮膚は萎縮して乾いた状態になります。腔やその周囲にも同じことが起こり、加齢による細胞の衰えに加え、エストロゲンの低下で皮膚や粘膜が薄くなります。

また本来、性的に興奮すると、腔の壁から分泌液が出て腔を潤しますが、この分泌液も減ってきて、眸内部が乾いた状態になります。さらに、かなり個人差はあるものの、大陰唇や小陰唇といった外性器が、徐々にしぼんで薄く小さくなります。

こういった変化によって、腔の乾燥やかゆみを感じたり、性交時に痛みを覚えるようになります。外往器(大陰唇、小陰唇)の皮膚が薄くなり、粘膜も弱くなるため、下着でこすれたり、性交時の刺激などでもすぐに傷ついて出血するといったトラブルもみられるようになります。程度の差はあれ、これらは更年期以降の女性なら、誰にでも起こる症状です。性病ではないかと悩んだり、性交痛からセックスを負担に感じてしまう女性も多いようですが、がまんをせずに、早めに婦人科を受診しましょう。

腔の乾燥感・性交痛をこうして治療

HRT(ホルモン補充療法)や漢方療法が行われ、効果も得られます。
 
ほかに更年期の症状がなく、症状が膣部にかぎられている場合は、内服薬以外に、腔座薬が用いられることもあります。これを数目使うと、腔の入り口や粘膜に潤いが出てきて、挿人がスムーズになり、痛みを感じなくてすみます。ただし、感染による膣炎の場合は、ほかの薬が必要です。

今日からできるセルフケア

パートナーに理解を求める

性交痛をがまんしたまま性生活を続けていると、不満が重なって、ますます痛みを感じるようになります。また、お互いの関係もしっくりいかなくなります。男性に女性の更年期のからだのメカニズムについて説明し、理解を求めましょう。挿入をあせらないなど、ちょっとしたいたわりで、痛みを回避することもできるはずです。

痛みをやわらげる工夫を

性器の挿入をスムーズにする潤滑ゼリーなどで対処する方法もあります。潤滑ゼリーは薬局や通信販売などで購入できますが、婦人科でも分けてもらえます。

保温液で乾燥を調節して

外性器(大陰唇、小陰唇)の乾燥が気になる人は、デリケートゾーンに日常的に使うケア専用の保湿液も市販されているので、試してみるとよいでしょう。

細菌感染に気をつけて

腔内は、本来は弱酸性ですが、エストロゲンが減少すると、腔内の酸性度が落ちて、
細菌に対する抵抗力が落ちてきます。その上、腔粘膜も薄くなり、傷がつきやすい状態になってきます。このような状態になると、細菌感染を起こしやすくなるので、外陰部の清潔を心がけることが、いちだんと大切になってきます。

強いかゆみを感じたり、おりものが増えるなどの症状があるときは、感染の可能性を考えて、早めに婦人科を受診しましょう。

潤滑ゼリーとデリケートソーン保湿液

「リューブゼリー」は、腔の入り口やペニスの先に塗り、性器の挿入をスムーズにする潤滑ゼリーです。デリケートソーンの日常的なケア用保湿液には、「メノケアモイストゼリー」などがあります。