頻尿・残尿感

膀胱や尿道の老化現象が一因に

更年期以降になると、さっきトイレに行ったのに、また行きたくなったということがよく起こります。

このように、ひんぱんに尿意を感じてトイレが近くなることを頻尿といいますが、とくに冷え症の人に多くみられるようです。これは、皮膚の老化と同様に、膀胱や尿道の粘膜も加齢とともに萎縮したり薄くなるため、少ない尿量でも尿意を感じやすくなるのです。

トイレが近いというだけなら、自然なからだの変化ですから、心配いりません。しかし、頻尿に加えて排尿痛や残尿感がある場合は膀胱炎が疑われるので、泌尿器科を受診しましょう。

膀胱炎の心配がなく、ただトイレが近いというだけなら、冷え対策を含め、婦人科で相談してみるとよいでしょう。

便秘がちの人は膀胱炎になりやすく、再発もしやすい

女性は男性に比べて尿道が短く、しかも尿道の入り口と肛門が近いため、肛門のまわりにいる細菌が膀胱に入り込みやすく、膀胱炎にかかりやすいといえます。その上、女性は便秘になりやすいもの。実は、この点にも注意が必要なのです。

腸の中に便が長時間とどまると、大腸菌が肛門の周りに出てきて、尿道に侵入しやすく、また再発もしやすいからです。バランスのよい食事、運動などに気を配り、便秘をしないように心がけましょう。

こうして頻尿・残尿感を治療

頻尿だけなら治療の必要はありませんが、たびたび睡眠が中断されて十分に眠れなかったり、外出もままならないような場合には、薬を使って、尿意を察知する膀胱筋肉の過敏な働きを抑えることもあります。

また、尿道の粘膜が薄くなってくると、簡単に細菌が進人して感染症を起こします。これが膀胱炎です。

膀胱炎の治療としては、抗生物質を服用し、繰り返し起こるときは、HRT(ホルモン補充療法)や漢方薬による治療が行われることもあります。症状がなくなっても、細菌が死滅したとはかぎらないので、再発を繰り返さないためには、途中で通院をやめないことが大切です。

心因性頻尿とは?

眠っているあいだはトイレに行かない、目が覚めている時間の排尿回数が極端に多い、
会議中などトイレに行けないときにかぎって強い尿意を感じる、家にいるとあまりトイレには行かない。こういった場合は精神的な要因が引き起こす頻尿であることが多いのです。

今日からできるセルフケア

外出前は水分摂取を控えめにしてみる

何度もトイレに行くことにならないよう、外出前の水分摂取を少し控えてみましょう。いつ尿意が起こるか心配ばかりしていると、心因性の頻尿症になることもあるので、神
経質に考えすぎないようにしましょう。

対策を立てておく

外出の際は、尿意を感じてトイレに立ち寄ることを覚悟の上で、時間的に余裕のあるスケジュールを立てておくようにします。さらに、駅のどこにトイレがあるかを知っておくなど、いざというときのための対策を立てておくだけでも、安心感につながり、そのことで頻尿にならずにすんだりします。

トイレをがまんしない

膀胱炎になると排尿痛があるため、水分を控えたりトイレをがまんしがちです。しかし、むしろお茶などあたたかい飲み物を多めに摂って、ひんぱんに排尿したほうが尿道内の菌の排出のためにもよいとされています。長時間、尿をためると、膀胱内の菌が繁殖して、症状を悪化させることにもなるのです。尿意をがまんしないこと。これは、予防のためにも必要なことです。