更年期障害 > 治療の詳細 > 変動するエストロゲンを補うのがHRT(ホルモン補充療法)

変動するエストロゲンを補うのがHRT(ホルモン補充療法)

不安定になっている女性ホルモンを外から補う方法です

更年期のさまざまな不快症状は、卵巣の機能の低下にともなって、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少したり、分泌が不安定な状態になったとき起こります。その急激な変化が、からだにとって大きなス
トレスになるのです。

一般に、エストロゲンの血中濃度が1ml中50pg(ピコグラム=1gの1兆分の1)以下になると、更年期の症状が出やすくなるといわれています。そこで、外から飲み薬や貼り薬などによってホルモンを補ってあげて、ホルモンの急激な減少にからだが無理なくついていけるようにしようというのがHRTの目的です。

よく、女性のからだのライフサイクルは、飛行機の離陸(思春期)と、着陸(更年期)にたとえられます。エストロゲンの分泌が変動しつつ減少して着陸時に衝撃を感じるのが更年期です。そこで、外からホルモンを補うことで、衝撃をやわらげて軟着陸させるのだと考えるとわかりやすいでしょう。

更年期障害。更年期症状に非常に有効な治療法です

HRTは、現在ではもっとも有効な更年期障害、更年期症状の治療法として、欧米では主流になっていますが、日本での普及率は、1.5%とまだまだ少ないようです。その背景には「更年期の症状は、病気ではないので自然のままに任せるべきだ」という日本人の独自の価値観や、副作用が怖いという心配があるようです。

でもどんな薬にも、からだによい効果をもたらす主作用があれば、必ずそれにともなう副作用があるものです。大切なことは、HRTの長所と短所を正しく理解して、自分で納得して使うことです。次ページからは、HRTを行うことのメリットとリスクについて考えていきましょう。

ピルの若返り効果がきっかけでHRTが誕生しました

HRTは、1960年代にアメリカで開発されました。

ある婦人科医がピルを常用している女性が年齢より若々しいことに着目したことにはじまります。

ピルに含まれている、女性ホルモンのエストロゲンが、若さを保つのに効果があり、しかも更年期の症状を改善することがわかって更年期の治療に使われるようになりました。ただ、エストロゲンだけを用いた初期のホルモン補充療法(ERT、欄外参照)は、子宮体がんの増加という副作用が現れました。

しかしその後、研究がすすんで、1970年代からは、エストロゲンとプロゲステロンを併用することで、むしろ子宮体がんの発生が抑えられ、骨粗鬆症や高脂血症などの予防にも役立つこともわかりました。現在、HRTは更年期障害のもっとも有効な治療法として注目されています。