更年期障害 > 治療の詳細 > 心の不調も治療でよくなります

心の不調も治療でよくなります

ストレスが大きいと心の症状が強く現れることがあります

女性ホルモンのアンバランスを背景に、自律神経が大きく乱れる更年期には、気持ちの落ち込みやイライラ、疲労感など心の
不調に悩まされる人も少なくありません。

こうした心の不調は、単にからだの変化によるものだけでなく、抱えている悩みや不安、その人を取り巻く社会的な状況、そ
の人の性格なども大きく影響します。

心やからだにかかるストレスが大きいときや、ストレスをためやすい性格(コラム参照)だと、うつっぽくなったり、不安感
が強くなったり、不眠に悩まされたりして心の症状が強く現れることがあります。

また、本当は心に問題を抱えていたり、周囲の環境に問題があるのに、それを自覚しないまま、それが原因で身体的な病気と
なって現れる「心身症」のような場合もあります。

更年期医療に詳しい婦人科や女性外来がおすすめです

このように心のトラブルが関係している場合は、HRT(ホルモン補充療法)や漢方療法を行ってもなかなか症状が改善され
ません。そのようなときには、カウンセリングをはじめとする心のケアや治療が必要になってきます。

更年期で、気分の落ち込みや不安などの症状がつらいときには、更年期医療に力を入れている婦人科や女性外来を受診するの
がいちばんでしょう。こうしたところでは、カウンセリング技術をもつ婦人科医がいたり、専門の臨床心理士(カウンセラー)などと連携していることが多いので、患者の話をじっくり聞いて、心とからだの両面から不調にアプローチしてくれます。

医師に話をするだけでも、心が軽くなって、心の症状が改善されることも少なくありません。

近くに女性外来などがない場合は、まず婦人科を受診して、必要ならそこから心療内科や精神科(精神神経科)などを紹介し
てもらう方法もあります。しかし心の症状があまりに強くて外に出かけられないとか、眠れなくて日常生活にもさしつかえるといった場合には、はじめから精神科や心療内科にかかったほうがよいかもしれません。

単なる不安やイライラにすぎないものなのか、うつ病などの心の病気かをきちんと診断してもらえますし、精神面のケアや治
療も適切です。その上で、更年期障害であるとわかれば、婦人科をすすめられることになります。

ストレスをためやすいのはこんな人

まじめで几帳面な人

仕事や家事をきっちりこなす反面、物事を臨機応変にとらえることが苦手。何事にも「~すべきだ」と思い込み、それが大きなストレスになってきます。

完璧主義で責任感の強い人

休むのが苦手で、親の介護や仕事でくたくたに疲れていても、自分を叱咤激励してがんぽり、ストレスをためてしまいます。

人からどう思われるか気になる人

相手の何気ないひとことにも傷ついたりします。また、「自分は本当はどうしたいのか」よりも、人にどう思われるかを優先して考えるため、心の中で不満がたまります。

すぐに人を頼りにしてしまう人

「家族が更年期のつらさを理解してくれない」「誰も手助けをしてくれない」など、自分で行動を起こさすに、人に期待ぽかりしているとストレスがどんどんたまります。