更年期障害 > 治療の詳細 > 更年期のもう一つの治療法|漢方療法

更年期のもう一つの治療法|漢方療法

からだのバランスが乱れて起こる更年期の症状は、漢方の得意分野

頭痛や腹痛などの症状が現れたときに、西洋医学ではからだの臓器のどこかが悪くなったととらえて、具合の悪い部分に直接働きかけて治療します。

一方、からだ全体の状態をみて、さまざまな症状や体質の特徴を総合的にとらえながら、全体のひずみを改善していくのが漢方療法。ホルモンのアンバランスや自律神経の乱れによって起こる更年期特有の不調は、漢方がもっとも得意とする分野です。

調理器具にたとえると、HRTは電子レンジ、漢方療法は土鍋

更年期の症状はエストロゲンの減少によって引き起こされたものだから、足りなくなった女性ホルモンを補充しようというのがHRT(ホルモン補充療法)です。 一方、この時期女性ホルモンが減ってくるのはからだの自然な変化だから、ホルモンはいじらずに、困った症状を取り除きながら全身の状態を整えていこうとするのが漢方療法。女性ホルモンの少ない状態にからだが慣れるようにサポートしてくれます。

料理器具にたとえると、HRTは電子レンジ、漢方療法は上鍋といえばわかりやすいかもしれません。

HRTは、出ている症状に非常に即効性がありますが、使用をやめると効果がなくなることがあります。上鍋にあたる漢方療法は、効果が現れるまでに多少時間がかかりますが、その分、副作用が少なく、効果が長く続くといった長所があります。

更年期の症状が強くて、すぐにでもラクになりたいというときはHRTを行うのもいいし、HRTと併用しながら漢方でからだの調子を整えていくのも非常に効果的な方法です。また、症状がひどいわけではないけれど不調をなんとかしたいという人や、HRTを使いたくない、あるいは使えない人は、更年期を漢方療法で乗りきるとよいでしょう。

どちらもそれぞれよい点がありますから、じょうずに活用してください。

なお、漢方療法を行う場合でも、現れた症状が更年期によるものか、病気によるものかを調べるために、婦人科などで検診を受けることが大切です。婦人科検診や健康診断も定期的に受けていきましょう。漢方では、その人の「証」に
あわせて薬を処方していきます。

ひとりひとりの体質にあわせて治療を行う漢方では、その人の「証」をみるのが、治療の第一歩です。

「証」とは、その人のからだに現れる症状のことで、それによって体質を見極めます。

証をみるときは、医師は望診(顔の表情や精神状態、皮膚、体型、動作、舌の状態などをみる)、問診(体臭や声や呼吸音などをチェック)、問診、切診(触診のこと)などを行い、総合的に判断します。

漢方の特徴をいい表すものに「同病異治」という言葉があります。これは同じ病気や症状でも、その人の「証」によって処方される薬が違うということ。また、私たちのからだは絶えず変化していますから、「証」も一定ではなく、それにあわせて薬の処方を替えていくこともよくあります。