更年期障害 > 治療の詳細 > 自分の体質にあった更年期ケアをしていきましょう

自分の体質にあった更年期ケアをしていきましょう

肩こり、のぼせに悩まされる人、倦怠感が強くて起き上がれなくなってしまう人など、更年期に出る症状は人によっても大き
く違います。からだの節目であるこの時期は、その人の体質や性格などが大きく影響して、心とからだのウィークポイントが強く現れることが多いのです。

漢方では、食事も生活も漢方薬の処方も、体質にあったケアが基本。次に紹介する体質チェックで、自分の体質とウィークポイントを知り、ケアをしていきましょう。

漢方流体質チェック

*チェックの数がいちばん多いタイプがあなたの体質の目安です。
  チェックの数が同じ場合は両方の体質を参考にしましよう。

木(肝)タイプ

体質チェック

  • 比較的筋肉質で太りにくい
  • 疲れると顔が青白くなる
  • しみが出やすい
  • 舌全体が赤く、少ないが白い舌苔がある
  • 目が疲れやすく、充血しやすい
  • 便秘しやすい
  • 肩がこりやすい
  • 春先に体調を崩しやすい
  • すぐにイライラする

更年期に出やすい症状

自律神経系をつかさどる「肝」に不調が出やすいので、更年期になると怒りっぽくなったりイライラがひどくなりがち.またこのタイプは肩こりゃ頭痛などもひどくなる傾向があります.更年期に入ると食欲旺盛になって太りゃすくなるので注意を。

おすすめケア&ストレス解消法

イライラして怒りっぽい人にジャスミン茶で気持ちを鎮めて、マッサージもよい方法.ストレス解消は、運動でからだを動かしたり、カラオケで思いきり歌ってすっきりしても。

おすすめ漢方処方

イライラして怒りっぽい人に

紫胡加竜骨牡蛎湯 神経のいらだちを抑え、精神を安定させる.虚弱体質でとくに胃腸の弱い人は慎重に使うこと。

頭痛、のぼせ、肩こり、ほてりがある人に

釣藤散 自律神経の興奮を抑えて、余分な熱を取り除く。

火(心)タイプ

体質チェック

  • 中肉タイプで太りにくい
  • 口内炎ができやすい
  • 脂性肌でにきびができやすい
  • 舌の先が赤い
  • 目にものもらいができやすい
  • 暑がりで冷たい飲み物を好む
  • 不眠になりやすい
  • 夏に体調を崩しやすい
  • 不安な気持ちになりやすい

更年期に出やすい症状

循環器と精神神経系の働きをつかさどる「心」に不調が出やすい「火」タイプは、もともと気分にムラがある性格ですが、更年期になるとますます気持ちの浮き沈みが激しくなります。不眠に悩まされることも多く、のぼせ、ほてりも強く出る傾向があります。

おすすめケア&ストレス解消法

孤独感に弱いので、サークルなどに参加して、ひとりにならない環境を整えておきましょう。寝る前にゆっくりと入浴して、ストレスの解消を。音楽を聴くなら気分が明るくなるアップテンポの曲がおすすめです。

おすすめ漢方処方

のぼせ、不眠、イライラが強い人に

黄連解毒湯 ネ申経のいらだちを抑え、精神を安定させる。虚弱体質でとくに胃腸の弱い人は慎重に使うこと。

イライラして怒りっぽい人に

紫胡加竜骨牡蜻湯 神経のいらだちを抑え、精神を安定させる。虚弱体質でとくに胃腸の弱い人は慎重に使うこと。

土(牌)タイプ

体質チェック

  • 体重の変化が激しく太りやすい
  • 疲れると顔が黄色っぽくなる
  • 口臭がある
  • 黄色っぽい舌苔が、舌を厚めに覆っている
  • うわまぶたがむくみやすい
  • 暴飲暴食をしがち
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • からだが重い感じ
  • 梅雨どきに体調を崩しやすい
  • くよくよ悩みがち

更年期に出やすい症状

消化器系、代謝系の機能をつかさどる「牌」に不調が出やすい「土」タイプの人は、くよくよしてうつっぽっくなるか暴飲暴食に走りやすくなります。また、もともと体調が悪くなるとむくみやすい傾向があるので、更年期にむくみがひどくなる傾向もあります。

おすすめケア&ストレス解消法

むくみが気になるときは、からだをあたためて尿の排泄をよくする紅茶がおすすめ。適度な運動も心がけて。心穏やかに音楽を聴いたり、読書をしたり、アロマテラピーでリラックスを。

おすすめ漢方処方

太りやすい、便秘ぎみ、血圧が高い人に

防風通聖散 胃腸の働きや新陳代謝を高め、便通をよくする。

頭痛、肩こり、不安や不眠などの精神症状がつらい人に

桃核承気湯 疸血を改善。虚弱体質の人は慎重に使うこと。

水(腎)タイプ

体質チェック

  • 下半身がむくみやすく、太りやすい
  • 疲れると肌がくすみがち
  • 手足が冷えやすい
  • 舌は舌苔で白っぽい感じ
  • からだがだるく、体力もない
  • トイレが近い
  • 寒がりであたたかい飲み物を好む
  • 抜け毛や白髪が多い
  • 冬に体調を崩しやすい
  • 怖がりなところがある

更年期に出やすい症状

生殖器、泌尿器系などをつかさどる「腎」に不調が出やすく、軽い尿失禁などに悩まされることも。また、腰痛や膝の痛みなども出てくることが多いでしょう。痛みの原因は骨の老化です。過労やストレスから体力が低下して倦怠感が増しやすくなります

おすすめケア&ストレス解消法

骨粗鬆症対策に、カルシウムたっぷりの食事と、適度な運動を心がけましよう。気持ちが沈んでいるときは、家にひきこもらすに外出しましょう。ストレス解消は、ウォーキングなど軽い運動でからだを動かすことがおすすめ。気持ちよくからだを動かして、気分をリフレッシュさせてください。リラックスするには足浴も効果的です。

おすすめ漢方処方

手足が冷えやすく、疲れやすい人に

八味地黄丸 腎の働きを高める。

手足がほてりやすく、疲れやすい人に

六昧地黄丸 腎の働きを高める。

金(肺)タイプ

体質チェック

  • 体重の変化はあまりない
  • 疲れると顔色が白くなる
  • 湿疹が出やすい
  • 舌はピンク色
  • のどや鼻が弱い
  • 便はやわらかい
  • 風邪をひきやすい
  • 肌が乾燥しやすい
  • 秋に体調を崩しやすい
  • めんどうみがよいといわれる

更年期に出やすい症状

呼吸器系、免疫系をつかさどる「肺」に不調が出やすいため、風邪をひいてもいないのに、せきが出たりのどが痛んだりしがちです。心の不調では、理由もなく悲しくなったりすることもあるかもしれません。また強い倦怠感から起き上がれなくなってしまうことも。

おすすめケア&ストレス解消法

少し辛味のある料理などでからだに刺激を与えましょう。マイペースでできる水泳や森林浴でリフレッシュを。

おすすめ漢方処方

精神的なぜんそく発作やせきのある人に

神秘湯 肺の働きを抑さえ、気の流れをよくする。

せきがひどく、胸がゼーゼーする人に

麦門冬湯 気管支を潤してのどの乾燥やイガイガをとる。

皮膚炎・皮膚のトラブルのある人に

防已黄曹湯 むくみを取り除き、皮膚の状態を整える。