更年期障害 > 治療の詳細 > HRT(ホルモン治療)を避けた方がいいケース

HRT(ホルモン治療)を避けた方がいいケース

受けるときに注意が必要な人

  • 子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、乳腺の病気にかかったことのある人
  • 高血圧症で降圧剤を服用している人
  • 糖尿病でインスリンを必要とする人
  • 喫煙をしている人
  • 胆石症の人など

HRTを受けられない人

  • 乳がん、子宮体がんの治療中、もしくはかかったことのある人
  • 血栓症、塞栓症にかかったことのある人
  • 心不全、腎不全にかかったことのある人
  • 肝疾患などで、腹水や胸水のある人
  • 肝臓機能障害のある人
  • 子宮体がん、乳がんの心配のある人、かかったことのある人

更年期の症状にすぐれた効果をもつHRTですが、HRTを受けられない人、受けるにあたって注意が必要なケースもあります。

子宮体がんや乳がんに関しては、エストロゲンがこれらのがん細胞に強く作用して、がん細胞を増殖する働きがあります。そのため、子宮体がんや乳がんの治療中の人やこれらのがんにかかったことのある人は原則的にHRTを行うことができません。

子宮頚がんや卵巣がんの場合は、治療後5年以上経過し、がんが治癒したものであればHRT治療の適応の対象となることもありますが、専門家のあいだでも意見が分かれています。あくまでもケースバイケースなので主治医に相談してみましょう。

血栓症や糖尿病、高血圧症の人は注意

そのほか、血液のかたまりや脂肪細胞のかたまりが血管につまって血液を止めてし まう、血栓症や塞栓症にかかったことのある人は、エストロゲンによってこれらの病気を悪化させるおそれがあるため、原則的にHRTを行うことはできません。

またホルモン剤の服用は、肝臓や腎臓に負担をかけやすいので、これらの病気がある人は医師と十分に相談して決めること。糖尿病、高血圧症、乳腺症のある人も医師の十分な管理のもと治療をすすめていく必要があります。HRTが受けられない場合は、漢方治療やそれぞれの症状に対して行う対症療法などがあります。医師に相談し、自分にあつた方法をみつけていきましょう。